夫婦生活と夫婦関係

ある研究センターは夫婦生活をテーマにして、500カープルの夫婦を対象として、調査を行いました。その結果によると「セックスが多ければ多いほど、夫婦がもっと仲間よくなる」と言われました。この言い方は数多くの人に認められました。

子供がもうできました。毎日疲れたから、夫婦生活がしなくてもいいと思う人がいるでしょう。実は夫婦生活は夫婦関係の絆のようなものです。夫婦生活は夫婦関係の調味料です。

体の結びは心の結びになります。夫婦は愛あっているからこそ、セックスをします。夫婦にとって、あなたとセックスしたいということはあなたのことが好きだということを表します。性生活を通じて夫婦の素晴らしさを伝えられます。「今夜、彼は優しいです。」「今夜、彼女は可愛いです。大好きです。」「彼女の胸が大きくなるみたい。」前夜の違った彼または彼女を見つけます。明日の彼または彼女を期待します。

セックスの多い夫婦は離婚の可能性は低いです。逆にセックスレスが原因で離婚に発展するケースで多いです。セックスの回数が減ったり、全くおこなわなくなると、相手への不信感も募るものです。「彼は浮気相手ができましたか。」、「彼女は好きな相手ができましたか。」、「彼は性的不能になりましたか」などの不安と不信ができて、心の距離も出来ました。そして、次第に離婚というものを現実的に考えるようになるようです。

とにかく夫と妻として、また父と母として、幸せでセクシーな結婚生活を続けるために必要なことは、子供よりも何よりも、パートナーを最優先にしてください。子供ができても、ラブラブな夫婦生活を保たなければなりません。