幼児運動の健康食品注意事項4は、子供の楽しい運動

" p "運動前はウォーミングアップ

運動前と子供は全身活動し、ウォーミングアップ運動をします.例えば長い顔や耳、こすり揉み手,回り手首や足首に入れると、腰の四肢.体の筋肉,関節を完全に活動を開いた後、少し強かった運動で、これを捻挫やケガ.

運動量はちょうど中位

ですpは子供のランニング能力も強く、全身ではない勁があり、よく汗をかきます.汗が出ると、毛穴がたるん状態になり、冷たい風に吹かれ、風邪を引きやすくなりやすいです.運動量は大きい、幼児は疲れすぎる、免疫力が低下し、病気を引き起こす.運動量は小さくても鍛えられる効果がない.どのように知っているかどうかの最初の幼児の運動量か時々子供の首筋を触って、しかもマイクロ汗なければ休みまたは軽減する運動量.運動後に,健康食品、気持ちがすっきりし、精神的に楽しく、軽度の疲れもありますが、息が息切れ、呼吸がぴったしなど不良感があり、運動量が適していると説明します.運動中汗は避けられない、親はタオルを用意することができます.服が減ってもいいが、一度減らしてはいかない.運動中もなるべく汗が早く蒸発させ、空気の流通の良いところで縄跳び、打球.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です