夫婦生活の悩み—-男性の性機能不全の勃起不全

夫婦生活の中で、男性の性機能不全の原因で、できなくなります人が多いようです。では、男性の性機能不全って、どんなことですか。実は、男性の性機能不全は4種類があります。今日、その中の勃起不全について説明します。

 

勃起不全とは

勃起不全は性交のための十分な勃起を達成または持続できない状態です。EDとも言います。日本では約500万人の患者さんがいると推測されています。

 

勃起不全の原因

勃起不全の原因というと、いろいろあります。心理学の原因はは罪の意識、親密性への恐れ、抑うつ、重度の不安などの気分障害を持ってることです。器質の原因は血管性および神経性疾患であり、しばしばアテローム性動脈硬化症と糖尿病から生じる事です。そのほか薬物も勃起不全の原因になると考えられています。

 

勃起不全の診断

過去4週間の夫婦生活での勃起の有無、硬度、挿入可能であったかどうか、維持可能であったかどうか診断します。早朝勃起、、睡眠中の勃起現象起こっているかどうかを検査する方法もあります。

 

勃起不全治療の方法

要因によって、治療方法は違います。

心理学の原因であれば、精神科にいって受診してもらいます。夫婦生活の意味、夫婦生活の重要さなどをよく了解して、改めて重視します。性的能力についての不安を和らげます。

次は薬の服用によるED治療です。主にバシアリス錠やレビトラ錠による治療方法です。約7~8割のE患者がこれらを服用して治ります。その他、ED治療の精力剤がいろいろあります。自分の体質により、選択します。

陰圧式勃起補助具も勃起不全治療に役立っています。主に器質性EDの人(糖尿病で末梢神経に障害があったり、脊髄損傷で伝達神経に障害がある人)または薬を飲みたくない人向けの治療方法です。

またICI療法海綿体注射法もあります。複数の薬剤を混ぜ合わせることで安全性の高い有効な治療薬と言われています。海綿体に直接作用するから、他の治療法が使えない人や効かない人にとっては最良の治療手段となっています。

 

とにかく、夫婦生活の中で、性機能があれば、心配しないでください。その原因を探して、自分に一番良い治療方法を選び、きっと性機能を回復できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です