秋の健康食品養生は11種類の果物を食べます

秋も果物が出回る季節、秋には果物を食べて、養生保健の役割を持ちますか?秋の養生には食べられる11種類の果物を食べてみてください.

いろいろな果物(実)の宗

p梨はすぐに速い果実、玉の乳、新鮮なジューシーで天然のミネラルウォーターと称されて.は解熱解毒、唾液の分泌を促進して潤は乾いていて、清心の作用を逆上をとる.また,健康食品、肺、気管支と気道にはかなり良い潤いがあり、消化、食欲を促進、良好な解熱利尿作用があります.毎日食べてから2個のナシを食べて効果的に秋の乾燥を緩和することができます.

p>一药リンゴ<大夫第

りんごは

と呼ばれるウキクサ婆、その性味の甘涼は、補根性、胃をかう陰、唾液の分泌を促進して渇きをいやす、肺を潤すこと悦心効果と呼ばれ、心臓の健康保護神.呼吸システムと肺の機能を改善することで、呼吸システムや肺機能を改善できるようにしている.仕事の合間にリンゴの香りをかぐ緊張させ、さらに、緊張!

pは甘くておいしい柿をねばねば

としてp柿味甘渋く、性寒し.ビタミンや糖分が高いという一般果物は2倍になる.肺一護を養うことができる胃を埋めることができる燥火、よく食べる虚、咳を止めて、利腸、除熱.空腹で柿は胃の柿になりやすいので、食後に食べたほうがいい、できるだけ少なくして柿の皮を食べます.

p西域西域佳乃ざくろ

ざくろ

ざくろは西域の特産品で、漢漢時から中原に伝来した.ざくろ味は、体内に酸化コレステロールを減らし、老化を遅らせ、初秋ののどには非常に効果があります.

Pはドライフルーツの王栗

です

栗、温性味の甘、入脾臓、胃、腎三経、健胃、健脾臓、腎臓、壮の腰、強い筋、血行をよくすること、止血、腫れなど.栗には飽和脂肪酸、ビタミンやミネラルが豊富に含まれ、骨粗しょう症、高血圧などの疾病を防ぎます.爽やかで秋は栗を食べるのが良い選択!

pはCの王キウイですについては、アカゲザルは、アカゲザルには,ビタミンCの含有量が非常に高いとされている.また、血清、安定性,鎮静気分;豊富な食物繊維は心臓の健康、消化を助けることができる.キウイフルーツ酸、味の甘、まだ厚着は唾液の分泌を促進して潤は乾いて、解熱を除いて煩わしい効果も、秋の果物のや佳の选ぶ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です