清明

清明作文——清明時節雨が路上行人、断腸の思いをし.昔から毎年の清明はこのように寂しいです.風は吹く、雨はいつか、見舞いの先人の義士に行くのだという.

人々が行き来し、行き交う姿で、個々の唇歯が閉じて.ある人は、心がない、墓訪問”祖先.ある人、忘れない「赤、待つ殉国の革命.人々はすべてを知っている人がころっと死ぬ」というが、人々はもっと知って:燈が亮という時はみんなへの貢献は無上な.でも、私から見れば、人死と消燈と違って、ある人は生きていて、燈は消えた、ある人は死んで、彼の燈は光る.良い人も悪人も、彼らの生前に多くの数に貢献して、しかしあるのは功のより大きいのは過ぎて、あるのは功を上回ることがある.秦の始皇帝のように、一生積悪だが、彼は建築の長城、彼もは功績があるの.清明にこの特別な日に、すべての恩恩讐をおろして、いっしょに1位の亡くなった人を懐かしむ人.

神は今日で一日を我慢して、最後に夜それとも涙が流れて、たとえ血血肉の躯ではありませんて、も人の真情に居住することができません.亡くなった人のしのんと同時に、包容力、身の回りのすべてを大切にしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です