耳あかは「旅行」ない健康食品綿棒を

沐浴、水泳、耳で水に耳を入れて、小さい綿を恐る恐るて慎重に耳にして、これは多くの人がよくあるやり方.広州の医学院の第三附属病院耳鼻咽喉科の副主任医師彭向东、まさしく他人の宝を数う耳だけ、あなたをお待ちして自動剥がれそれでいい.

女は保健品を食べる必要があります

      ?· ;棚卸し冬健康のキラー

 

      手足が冷たい悪の根源には

        ?·普通石鹸は防甲流優先

p>と<彭向东、耳あか、医学学名耳垢とは、私たちの耳の外耳道皮膚分泌物.この分泌物は2種類の形態がある:1種油は油状、チョコレートの類の色があります.

Pは、糠には淡黄色の細い粉である.ある人の油状の分泌物はもっと多く、耳の内の油はつるつるしているのは油耳と称して.一部の人は淡い黄色の糠状耳糞かけらが多いと呼ばれる、干耳.

にしても、普段は自分で片付けてはならない.あなたはあなたのため、耳垢自分は1場の長距離の旅行を行うことができます.原理はこんな:外耳道内壁の皮膚に付着外に生長して、皮膚に耳あかにもつながる外耳踏切に送られて.

Pはこれは文字通り蝸牛の行ではない」.研究者としての実験をしたまで、侠客インク外耳道、最終的には、その滴のインクは約ろくヶ月外耳踏切に到着.

p>と<彭向东、自分で持つ綿棒、取り出して耳器耳垢を取るの不良な後の結果が多い.たとえば、あまり力を抜いてしまう外耳道皮膚破損.他人の不注意でツイ君の腕、あなたの腕を受けない制御棒を推し進め中、鼓膜の個別事件も起きたことをあばく.

君は操作が正しいとしても、外へ登っている耳垢をまた押して帰ってきたのかもしれない.ただ少量耳あかされ上棉くじくっついて、取り出して耳棒で連れ出し>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です